2007年08月08日

ちょっと不思議な思い出話

あ”〜、アッツイ晴れ晴れ晴れ


口に出すとよけいに暑くなると言いますが、言わずにゃおれぬ今日この頃ちっ(怒った顔)

昼間ちょっとウトウトしたら、汗だくになっていたか〜ちゃデスぴかぴか(新しい)


さてさて、立秋とは名ばかりの猛暑な毎日ですねたらーっ(汗)

今日はちょっと涼しくなる(かもしれない)思い出話にお付き合いいただきましょう顔(イヒヒ)

※めぼしい写真がないので、関係ないですがピコの寝相をご覧下さいたらーっ(汗)

IMG_1818.JPG


では、るんるんチャラリラリ〜ンるんるん


そう、あれはか〜ちゃがピッチピチ(?)の女子高生だった頃のお話・・・

実は当時3才上の兄を病気で亡くしているのでございますが

まだ春浅い3月の、雨模様のお葬式の日でした

もう参列の方々も帰り、家族だけが庭にいるトコロに

「ニャ〜ン にゃ〜んるんるんと、1匹の猫がやってきました


IMG_2346.JPG


初めてみる子でしたが、とても懐こく家族ひとりひとりに話しかけるかのようにスリスリ目

みんなで顔を見合わせちゃいました

しばらくしたら姿が見えなくなったので、お家に帰ったのかな〜っと思っていたら

なんと我が家のベッドの上でくつろいでいるのですexclamation

驚きましたよたらーっ(汗)そのベッドは、普段入院していた兄が年に何回か帰ってきた時に

寝ていたベッドだったんですからがく〜(落胆した顔)

そんな姿を見てしまったら、当時大の動物嫌いだった母も追い出すことができません

すっかりうちの子の顔して過ごす、通称‘ねこ’(名前つけなかった)

不思議とキッチンに行ったりせず、外に出てもベッドのある部屋に帰って来るんです目


IMG_2240.JPG


その後1ヶ月以上は居座ったでしょうか、このまま家の子になるのかと思った頃

ある日、突然いなくなってしまいました猫(足)

近所を探してみたけどどこにもいない・・・・みんなで首をひねりました

あの子は一体ナニモノだったんでしょう??今考えても不思議で仕方ありません




みなさん、こんな話聞いた事ありますか?

‘亡くなった方は四十九日までは地上に留まる’って・・・・




IMG_2400.JPG
・・・何だ?その足たらーっ(汗) そ、その手は・・・


みなさま、少しは涼しくなっていただいたでしょうか???






ニックネーム めい at 23:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

思い出話 その2

ふきす〜さぶ か〜ぜ〜が〜 よく に〜あ〜ぁう〜るんるん

風など吹いていないのですが、今日のか〜ちゃの頭の中には、

なぜか地面に届きそうなイキオイの黄色いマフラーをなびかせた

イケメンが超高速で走っておりますぴかぴか(新しい)

なぜ昔のアニソンはよく覚えているのでしょう?

最近の歌は覚えられないのに爆弾

だが わ〜れわれは〜るんるん

・・・あ、もういいですか??

これ、知らない方はお父さんにでも聞いてくださいたらーっ(汗)



さてさて、先日か〜ちゃの元・相棒犬であるの事を書きましたが、

当時の写真を探している時にこんなものを見つけました

画像 011.jpg 写真小さいねたらーっ(汗) ポチっとな

茗のそばで戯れてる仔犬たち・・・この子達は、茗の子供ではないのです

と、いうことで


るんるんチャラリラリ〜ン(またしても回想音)るんるん


そう、あれは茗が来て数年後・・・

ね〜ちゃの運転もすっかり板についていたある日

いつものように仕事を終え、夜遅くに帰宅した私の目に飛び込んできたのは

画像 012.jpg

茗のそばでうごめく小さい3つの影・・・

まさか茗が子供を産んだ?イヤ、そんなばかなっどんっ(衝撃)茗は手術済だし目

母親の言う事には「気が付いたら庭にいた」との事・・・ん〜〜〜?

どこの誰かは知らないが、人ん家の庭に仔犬を捨てていったもよう

そらそうだろう、自分たちだけでここまで来るはずがないむかっ(怒り)

少し様子を見ようと、放って置いてみたけど、次の日もやっぱりいるがく〜(落胆した顔)

うちはワンコを引き止めるオーラでも出てるのかいっ雷

とりあえず子犬用のえさを買いに行ったさダッシュ(走り出すさま)

うちでそんな何頭も飼えるわけもなし、かといって保健所に連れて行くなんて冗談じゃないっexclamation×2

会社の人や親戚、あちこち貰い手を捜しましたよ

画像 013.jpg   通称:チャシロ ♂

一番人懐っこく、愛嬌がありました

会社の人に相談持ちかけたら、快く引き取って下さいました


画像 015.jpg   通称:チャクロ ♀

警戒心バリバリで、兄弟がいるから仕方なくって顔していたっけ

叔母の家に引き取られ、未だに私に慣れてませんたらーっ(汗)


画像 014.jpg   通称:シロ ♂

3匹の中で一番大きく、イチバン甘えん坊だったかな

前の犬を亡くしたばかりの母の知り合いの元へ・・・

案の定おっきくなったけど、大人になっても甘えん坊でした目



彼らのいた数日間、確かに可愛かったし楽しかったんだけど、

彼らが我が家に来た経緯を考えると、捨てていった人の無責任さへの

怒りがわいてきます

また、当時たまたま貰い手が見つかったからよかったものの

見つかっていなかったら・・・考えただけで涙が出てきます

あんな目に遭う動物たちが、ひとりも出なくなる日が早く来て欲しいデスもうやだ〜(悲しい顔)




ところで、今日のクロイヌは・・・

IMG_0975.JPG    IMG_0976.JPG


ゴキゲンで日向ぼっこを楽しんでおりましたが・・・雷雨雷

雷雨も通り過ぎましたね

あとで散歩にいきましょうダッシュ(走り出すさま)









ニックネーム めい at 12:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

思い出話

さてさて、世の中はGW気分満載ですね。
TAPS家にはそんな空気は微塵もありませんが・・・たらーっ(汗)

と〜ちゃのお仕事、少なくとも5月いっぱいは

土日・祝日ぜ〜んぶ仕事exclamation&question
とのことで・・・かわいそうなと〜ちゃは今日も早くからお仕事に向かっていきました犬(泣)

不憫なのは我がムスメ、今も毛布をカミカミいじけておりますたらーっ(汗)

IMG_1211.JPGよそのお家のコになりたい・・・

だからってお隣には避難しないでくださいね目


めぼしいネタも見当たらないので、
今日は思い出話にお付き合いいただきましょう・・・

※ちょっ〜と長くなりますので、お急ぎの方はスルーがオススメダッシュ(走り出すさま)


さて、ピコとの出会いにも大きくかかわっている(?)か〜ちゃの元・相棒わんこ

その名は  茗(めい)

画像 005.jpg

そうです、か〜ちゃのHNはこのコの名前ですひらめき


あれは、そう、今を去ること十数年前・・・
か〜ちゃがまだ正真正銘のね〜ちゃだった頃のお話

るんるんチャラリラリ〜ンるんるん(回想音)

まだ免許も取り立ての初々しいワタクシ、ね〜ちゃは、仕事帰りの夜中の田舎道を
怖々車を走らせておりました。
と、そこへヘッドライトに照らされ前を横切る物体がどんっ(衝撃)

轢いてしまったのではないかと思い、車から降りた私。
そこに走り寄ってきた一匹の仔犬・・・
「この車、乗っていい??デヘヘ〜犬(笑)
と言わんばかりの笑顔に、一発でKOされてしまいましたパンチ

それまで、動物を飼った事がなく、親に禁止されていた私・・・
とりあえず仔犬を車に乗せ、悩みながらあてどなく車を走らせた後
意を決して家に連れ帰りました。
娘の願いに対し両親は
「明日の朝まで放っといて、それでもここにいたら飼ってもいい」
という返事・・・
翌朝ドキドキしながら庭をみると・・・ちょこんと座って見上げる姿が待っておりました揺れるハート

画像 009.jpg

その日から15年余りの人(犬)生、茗は家の家族として過ごしたのです

画像 007.jpg    画像 006.jpg  

「バカっぽくてかわいいよね」
という兄の意見とは裏腹に、なかなかけっこう賢かった茗

父が亡くなった時、お葬式が終わるまで、ゴハンも食べずに
しゅ〜んっと一緒に悲しんでくれた茗

私が事故った時間に、ありえない声で鳴いて母に知らせてくれた茗

お客様が大好きで、みんなに愛想を振りまいて、立派に
宿屋の看板犬の役目を果たしてくれた茗

花火とカミナリが大っ嫌いで、家に上がりこんで震えながら雷予報をしてくれてた茗

画像 008.jpg

まだまだいっぱい思い出があるよね・・・

どんどん年をとって、耳も鼻もきかなくなってしまった姿を見るのは辛かったけど

おまえの死期を察しちゃった時は悲しかったけど

最後を看取った時、涙が溢れて、悲しくて悲しくてどうしようもなかったけど

茗と過ごした15年は私の宝物だよ

茗と出会えて幸せだったよ

いつか行くから、きっと行くから・・・虹の橋で待っててねぴかぴか(新しい)

今はまだ想像できないけど、いつの日かピコも行ってしまったら・・・
妹の面倒も見てやってね
・・・はっ
ニックネーム めい at 15:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする